研究概要

伊藤・横山研究室では、高分子、液晶、生体分子などの、「ソフトマテリアル」と呼ばれる物質群を研究の対象としています。
特に、高分子のトポロジカルな拘束によって形成された"超分子ネットワーク構造"を有する「環動高分子材料」や、異種ポリマー鎖を末端で結合させた「ブロックコポリマー」の系を中心に、物質合成・物性評価の両面から、将来の応用も見据えて研究を行っています。

伊藤・横山研究室のご紹介

2015年度メンバー

伊藤・横山研究室 メンバー写真

 

メンバー紹介はこちら



ImPACTのお知らせ

2015年11月30日
ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)にてImPACT伊藤プログラムが紹介されました。
2015年9月18日
第11回 総合科学技術・イノベーション会議にて伊藤教授がImPACTプログラムに関するプレゼンテーションを前田助教と一緒に行いました。
安倍首相のコメント(首相官邸HP)
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201509/18skgikaigi.html
プレゼンテーションのスライド(内閣府HP、資料3-3)
http://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/haihui011/haihu-011.html
会議の様子(動画)
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg12366.html
2015年3月29日
ImPACT伊藤プログラムの紹介ビデオが公開されました。
「超薄膜化・強靭化 「しなやかなタフポリマー」の実現」

研究室のお知らせ

2016年4月
学振PDとして正井宏さんが着任しました。
2016年4月
技術補佐員として堀綾香さんが着任しました。
2016年4月
研究室に新しいメンバーが加わりました。 (B4:6名)

>> 過去のお知らせ記事はこちらから

このページの先頭へ