研究概要

伊藤・横山研究室では、高分子、液晶、生体分子などの、「ソフトマテリアル」と呼ばれる物質群を研究の対象としています。
特に、高分子のトポロジカルな拘束によって形成された"超分子ネットワーク構造"を有する「環動高分子材料」や、異種ポリマー鎖を末端で結合させた「ブロックコポリマー」の系を中心に、物質合成・物性評価の両面から、将来の応用も見据えて研究を行っています。

伊藤・横山研究室のご紹介

2016年度メンバー

伊藤・横山研究室 メンバー写真

 

メンバー紹介はこちら



ImPACTのお知らせ

2017年1月30日
日本経済新聞にImPACT伊藤プログラムの取り組みについて伊藤PMのインタビュー記事が掲載されました:
「日本の基礎科学の発展に向けて-スピードと意外性を両立-」
2016年12月16日
ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)にて環動高分子でタフ化した東レの新材料が紹介されました。
詳しい技術情報はこちらです。(東レHP)
2016年11月7日
ImPACT伊藤プログラムの東レ、ブリヂストン各社との共同研究成果が新聞で紹介されました。
日経産業新聞 2016年11月7日 「東レ、竹のようにしなやかな樹脂」
科学新聞 2016年10月7日 「しなやかなタフポリマー」
化学工業日報 2016年9月30日 「耐摩耗性高めるゴム配向技術」
2016年5月23日
亀岡衆議院議員、柏キャンパスご視察
演示実験、実験室・電気自動車のご見学の後、若手研究者と意見交換をされました。
集合写真
2016年5月17日
G7茨城・つくば科学技術大臣会合にImPACT伊藤プログラムが出展しました。
展示の様子
展示の様子 展示の様子
2015年11月30日
ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)にてImPACT伊藤プログラムが紹介されました。
2015年9月18日
第11回 総合科学技術・イノベーション会議にて伊藤教授がImPACTプログラムに関するプレゼンテーションを前田助教と一緒に行いました。
安倍首相のコメント(首相官邸HP)
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201509/18skgikaigi.html
プレゼンテーションのスライド(内閣府HP、資料3-3)
http://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/haihui011/haihu-011.html
会議の様子(動画)
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg12366.html
2015年3月29日
ImPACT伊藤プログラムの紹介ビデオが公開されました。
「超薄膜化・強靭化 「しなやかなタフポリマー」の実現」

研究室のお知らせ

2016年12月
2016年度ノーベル化学賞はロタキサン・カテナンなど超分子ナノマシンが受賞対象でした。ロタキサンの応用例として、当研究室の研究成果である環動高分子材料が朝日新聞の解説記事の中で紹介されました(朝日新聞 2016年12月4日 「ナノマシンに挑む」)。デジタル版はこちらです。(朝日新聞デジタル)
2016年12月
The 11th SPSJ Internatinal Polymer Conferenceにて上沼駿太郎さんがポスター賞を受賞しました。
2016年10月
新領域創成科学研究科研究科長杯テニス大会で伊藤・横山研究室のチームが優勝しました!
2016年10月
第65回高分子討論会にて奥野博明さんと根本開人さんが優秀ポスター賞を受賞しました。
2016年9月
第65回高分子討論会(神奈川大学)で研究発表を行いました。
2016年9月
第33回シクロデキストリンシンポジウムにて上沼駿太郎さんがポスター賞を受賞しました。
2016年6月
第65回高分子学会年次大会にて長谷川弘樹さん、柳寛太さんが優秀ポスター賞を受賞しました。
2016年5月
眞弓助教が高分子研究奨励賞を受賞しました。
2016年5月
第65回高分子学会年次大会(神戸国際会議場・展示場)で研究発表を行いました。
2016年4月
学振PDとして正井宏さんが着任しました。
2016年4月
技術補佐員として堀綾香さんが着任しました。
2016年4月
研究室に新しいメンバーが加わりました。 (B4:6名)

>> 過去のお知らせ記事はこちらから

このページの先頭へ